最近飲んだお酒や趣味についての日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
GOEMON
予告を見た時は「映像暗いなぁ、キャシヤーンと同じか?」と思っていたのであまり興味をもたなかったのですが、なんとなく見ちゃいました。
感想はPVではない長時間の映画なので、陰影がはっきりというより、色を効果的に使いすぎてるのか、カラーがくっきりしているのは疲れた、いうのと、時代背景をあまりに触りすぎているのはどうか?と。
遊廓のダンスシーンしかり、茶々の服装しかり、カラコンだったり。
北野武の座頭市のタップダンスを思い出しました。
俳優陣は素晴らしかったですが、豊臣秀吉は格好よすぎはしないか?(笑)
ま、そんな感じです。
大沢たかおが素敵だったのと、広末涼子がきれいだったのが印象に残ってます。全体的に映像の印象が鋭角的と感じました。
【 2009/05/21 07:45 】

| 映画 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<日比谷オクトーバーフェスト | ホーム | リッチなハンバーガー>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukifuki.blog13.fc2.com/tb.php/1327-5b31371b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。