最近飲んだお酒や趣味についての日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
CT検査
心臓CTを撮ることになりまして、ままりんが実家からでてきました。
造影剤を使う検査なので心配だったらしい。
でも、そんなに大した検査ではない、と聞いていましたが・・・
若干ぼーっとしたし、気持ちもちょっとすぐれない1日になったのでままりんが来てくれて助かりました。
ちょっとアレルギーでてたからかな?

で、簡単な検査だと思っていたのですが、思ったよりも大変な検査ではありました。

順序・・・

1.検査着に着替え⇒簡単な問診⇒点滴 
この時点で「えっ、点滴するの?」というかんじ(笑)
右手に点滴をしたのですが、腕の外側の静脈だったので、なかなかみつかりませんでしたね、、、普通血管良く出てるんですが、射す場所が違うと見つかりにくいのね。
2. 検査室に入る⇒ベットに寝る⇒心電図と血圧計を左手につける
足からドームの中に入るよう寝ます
3. 息とめる練習
10秒ほど撮影中とめるとのことで、練習します。「息止めることが大事な検査です」とプレッシャーかけられます。「声掛けしますからねー、検査中も」ということでした
4.検査開始でドームの中に入る。
ちょうど頭の近辺に「息止めマーク」みたいなのがついていました。
勝手にこの時点で造影剤が入っていると勘違い。
アナウンスで「今から造影剤いれますねー、体が熱くなります」と言われました・・・いやはや。

で、問題はここですよ。
造影剤入れたら、体が熱くなる・・・というか喉とか、わきの下とか、やわらかいところが熱く、カイロをあてているようなかんじ。
おもわず「ちー」したか?と思うくらいのあたたかさがありましたよ。

ということで、これを驚きつつ、6回くらい息をとめ、ドームの中に入り、体が数回熱くなり撮影終了。

気にしていた副作用も病院をでるまではそんなにかんじず、「ちょっと頭がぼーっとする」くらいだったのですが30分くらいたったら、ちょっと気持ちが悪くなりました。
でも、吐き気がひどい、とかではなく「ちょっと吐き気がするかな?」程度だったので、そのままスルー。

あとは2週間後の検査結果を待つのみです。

【 2010/11/15 23:55 】

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<びっくりまるまる | ホーム | おつかれちゃんでした>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fukifuki.blog13.fc2.com/tb.php/1635-9d3d726e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。